生理痛・生理不順・生理前の不快な症状 鍼灸(はりきゅう)で改善

【生理痛 生理不順 頭痛 】生理のことなら浜松のみぞぐち鍼灸院

女性のための鍼灸治療

女性の悩み

生理痛や月経前症候群・月経不順など、 これらの生理による痛みや不調を「仕方が無い」と我慢していませんか?

なかには、生活や仕事に支障が出る程ひどい場合もあり、深刻な問題です。

女性にとっては毎月のことだからこそ、快適に乗り越えたいですよね。

また生理不順や無月経など、くるべきものが来ないと、将来的に不妊症の原因となりうる可能性があります。

「まだ、子供なんて・・・」と思っていても、いざ結婚し出産となった時

「えっ? 何で出来ないの」なんて事になりたくはないですよね。

そんな事にならないためにも、今のうちから、鍼灸でホルモンバランスを整えて、生理のトラブルを改善していきましょう。

 

どんな症状に効果があるのか?

  • 不妊
  • 生理痛
  • 月経不順
  • 月経前症候群(PMS):イライラ、頭痛、肩こり、お腹や胸の張り etc.
  • 子宮内膜症からくる痛み など

生理痛は男性にはとても理解のできない痛みのため軽視されがちですが、女性にとっては仕事や生活に関わる非常に深刻な問題です。

この痛みを止めるために、鎮痛薬を服用することは皆さんあると思いますが、これでは根本的な症状の改善にはつながらず、一ヶ月に一度とはいえ薬をやめることができなくなってしまいます。

鍼灸治療ではこのような症状に対して、脳 - 卵巣 - 子宮 のホルモンバランスを調節する事により月経リズムを整え、同時に骨盤内の血流を改善し、生理による不快な症状を軽減させます。

また、月経不順や無月経、特に子宮内膜症においては、将来的に不妊につながる重篤な問題となります

快適な月経ライフを送るために、正しい生活習慣と定期的な鍼灸治療が効果的です。

生理痛を起こす原因

生理痛と言っても、痛みかた、場所、原因は様々で、中には何らかの病気が潜んでいる場合もあり、不妊の原因となることもあるため注意が必要です。

※生理痛は医学的には月経痛と言います。

 

  • 子宮の収縮や子宮の血流障害による、下腹部痛や腰痛。
  • プロスタグランジンと呼ばれる痛みを出す物質による、頭痛や倦怠感などの全身症状。

子宮内膜症

原因は未だはっきりとは解明されていませんが、子宮の内膜が卵巣、腹腔内、ダグラス窩(子宮の後面と腸の間の凹み)にくっつき(もしくは発生し)、これらの場所で子宮内膜と同様に、生理周期とともに内膜が増殖し出血することで炎症を起こし、生理に伴って痛みが生じます。

月経の度に繰り返し炎症を起こすことで、卵巣や卵管、子宮や腸などで癒着し痛みを生じます。

 

症状は、慢性骨盤痛、性交痛、排便痛 など

子宮内膜症の約50%が不妊を合併すると言われています。

 

子宮内膜症

 

卵巣チョコレート嚢胞

卵巣内にできた内膜症で、月経のたびに滲出物が溜まって卵巣が大きく腫大してしまいます。生理痛のひどい場合は嚢胞摘出術を行いますが、妊娠を希望している方は手術をすることで卵子が減ってしますリスクがあるため、極力妊娠することを優先させます。

チョコレート嚢胞の悪影響
  • チョコレート嚢胞内の鉄分による卵子の質の低下。
  • 卵管の癒着により卵管の動きが悪くなったり、閉塞してしまう。
  • 骨盤内の炎症部位から、炎症物質のサイトカインが増加して、卵胞や精子に悪影響を与え、受精や妊娠の妨げとなる。

子宮腺筋症

これは子宮の内膜陽組織が、子宮の筋層の中に入って、内膜症同様に生理周期と同様に炎症腫大して痛みを生じます。

これも不妊の原因となります。

 

子宮筋腫

袋状になっている子宮の内側(粘膜下筋腫)・外側(漿膜下筋腫)・筋層内(筋層内筋腫)に出来る、良性の腫瘍です。

子宮の内側に出来る粘膜下筋腫の場合、着床に影響する場所にある場合は手術の対象となりますが、それ以外は影響はないと言われています。

子宮筋腫

鍼灸治療の内容

月経周期

鍼灸は、内膜症による癒着などの器質的なものに対しては対応できませんが、鍼灸には炎症を治め痛みを軽減させる効果があります

生理のたびに寝込んでいた方が、寝込まなくても良くなったり、薬を離せなかったかった方が薬を飲まなくても良くなったりと、効果は期待できます。

妊娠すれば症状が治まるため、病院でも妊娠を優先されます。そのため不妊治療中の方は現状維持で治療にのぞまなくてはいけません。

鍼灸で痛みをコントロールして良い結果が出るよう施術させていただきます。

 

月経は、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期と分かれており、その時々によって分泌させるホルモン量が違うため、そのホルモンによる様々な作用から身体への不調として現れてきます。

月経トラブルに対してはこの月経周期にそった治療をしていきます。

全身のツボを用い、鍼やお灸でその症状に適した治療を行います。

 

通院ペース

基本的には1週間に1日のペースでの治療で行います。

排卵期や月経期に症状が強く出る場合には、その期間だけ少し間隔をつめていただくか、もし、お仕事などで無理な場合は、ご自宅でのお灸をお勧めしております。


治療を行う上で

生理は月経周期の中でも、ホルモンや子宮内膜が大きく変化する時ですので、生理中であっても治療をさせていただきます。

治療用の着替えもご用意しておりますので、そのままお越し下さい。