更年期障害からくる自律神経症状・不快な症状は 鍼灸(はりきゅう)d改善

【更年期障害 自律神経症状】更年期障害は浜松のみぞぐち鍼灸院

更年期障害とは

更年期障害

更年期障害 とは、早い方では30代後半から、閉経前後の40代半ばから50代半ばにみられる様々な症状です。

その原因は卵巣機能の低下によるホルモンバランスの異常によるものや、精神的な要因、生活環境やストレスが症状を悪化させる原因とも考えられています。

 

“更年期障害” と一口にいってもその症状は多岐にわたり、人それぞれの体質や精神的な要因により症状は異なってきます。

 

  • 自律神経症状 : 動悸,息切れ,めまい,耳鳴り,手足の冷え,多量の発汗,下痢,便秘,

           ホットフラッシュ(突然顔がカーっと熱くなって、急にスーっとひく症状)

  • 精神的症状 : イライラ,不眠,情緒不安定
  • 身体的症状 : 肩こり,腰痛,手足のしびれ,腹痛

 

一般的な症状との判別が難しいため、これらの症状が出たからといって必ずしも更年期障害とは限りませんが、ホットフラッシュ は更年期障害の特徴的な症状といえるかもしれません。


治療内容

西洋医学では主にホルモン補充療法が行われますが、今のつらい状態を抑えるのであれば即効性もあり確かに良く効く薬です。しかしその半面、やめると元の状態に戻ってしまい、長期間の服用により副作用があることも否定できません。

鍼灸治療では、この主たる原因とされているホルモンバランスの乱れを整えるための全体治療をし、なおかつ、肩こり・腰痛・不眠・うつなど、つらい症状に対しての対症療法も行います。

効果の現れ方は、病気が複雑なため個人差はありますが、徐々につらさがとれてくるのが実感できるます。

 

通院ペース

最初は1週間に1日のペースでの治療で行い、症状が落ち着いてきたら徐々に間隔をあけ、1ヶ月に1〜2回のペースにして行きます。また、気になる症状が出れば、その都度治療をさせていただきます。

ご自宅でのお灸をすると、なお効果的です。