妊活・不妊治療専門鍼灸(はりきゅう)院 女性・男性・二人目不妊 浜松 磐田 袋井 掛川

不妊でお悩みの方は 浜松の不妊専門 みぞぐち鍼灸院(はりきゅう)

妊活・不妊鍼灸

みぞぐち鍼灸院では、女性の月経トラブルを始め、いわゆるホルモンバランスの乱れからくる女性特有のお悩みの改善を行っております。

中でも妊活・不妊治療を専門とし、不妊治療に対してのより深い知識と豊富な経験をもとに、少しでも早く妊娠できるようにお手伝いさせていただきます。

これから妊活を始められる方

現在治療中の方

いつからでも治療は可能です。

また、現在通われている病院での治療や,治療のすすめ方,病院では聞けなかった事,治療の内容に関することなど、正確な情報をわかりやすく説明しながら治療をさせていただきます。

 

不妊とは?

産婦人科学会では、平成27年から不妊の定義を「夫婦生活を2年間営んでの妊娠しない場合を不妊」としていましたが、晩婚化・晩産化などの社会背景により「夫婦生活を1年間営んでも妊娠しない場合を不妊」としました。

しかし、不妊という病名はなく、様々な疾患が原因となって一定期間妊娠出来ない状態を『不妊』としてます。

ただ、この期間というのは妊娠を望まれる年齢によっても違ってきます。産婦人科学会が発表しているデータでも35才を超えると妊娠出来る確率は徐々低くなり、40才と過ぎると急激に下がってきます。

 

ART2018

日本産婦人科学会 ARTデータブック より

 

原因があれば、その疾患に対しての治療を施す事で妊娠につながる可能性もあるのですが、中には原因の分からない方が多く見えることも事実です。ストレスや自律神経の不調によってホルモンバランスが崩れていることも考えられます。ただはっきりしていることは、加齢は妊娠に大きく影響するということです。男女ともに35才を過ぎると受精能力は低下してきますので、早めに対処した方が治療の選択肢も広がり、精神的、肉体的、経済的にも負担が少なくてすみます。

 

妊活・不妊の鍼灸治療は、いつからはじめたらいいのか?

34才までは半年ほど、自分たちで頑張ってみても妊娠する可能性はあります。

35才を過ぎたら3周期ほどタイミングを試してみて、できないようであればすぐに専門のクリニックの受診をお勧めします。

38才を過ぎている場合は、すぐに専門クリニックを受診することをお勧めします。

 

タイミング・人工授精の場合

妊活をはじめたばかりで自分たちでのタイミング、クリニックに通い始めたばかり、この場合鍼灸治療を始めるのはいつからでも問題ありません。

ご夫婦とも身体的に問題が無い場合、結果が出るまでに2〜4周期ほどかかります

 

体外受精まで進まれた場合

“採卵” と “移植” は月経周期の流れとことなり、それぞれ採卵周期、移植周期として実施されます。

※新鮮胚移植では通常の月経周期に合わせて行われます。

鍼灸ではそれぞれの目的に合わせた、

『採卵』の時は、卵を育てる “育卵鍼灸

『移植』の時は、着床を促す “着床鍼灸

を行います。

 

採卵の場合は

理想は3ヶ月前から始めること。

これは鍼灸に限らず、サプリ・漢方・生活習慣の改善も同じで、効果が現れるにはある程度時間がかかります。

鍼灸では卵巣周囲の血流をよくして育卵を目指すため、3ヶ月を必要とします。

 

移植の場合は

ホルモン調整周期自然周期 で多少違いはありますが、移植する前の周期から開始。

 

ホルモン調整周期では、月経周期をホルモンを補充して子宮内環境を整えるため、移植の前周期の排卵辺りから開始

自然周期では、ほぼ自分本来のホルモンによって調整されるため、移植の前周期の月経から開始

 

それぞれ移植の前周期の月経がきてから始めることによって、卵の成長、内膜の成長、内膜の脱落のサイクルをスムーズにし、移植に向けて子宮内環境を整える事が目的となります。

 

鍼灸治療の目的

西洋医学における生殖補助医療の治療成績はそれほど高いものではありません。

日本産婦人科学会のデータによるとART(生殖補助医療)1回あたりの妊娠率は25才から30才までは28%程度で、35才を超えた頃から徐々に低下していきます。(但し、施設による成績の差が大きくあります。)

しかし、鍼灸治療を併用することにより、40%を上回る成績となったことが、海外の論文でも発表されています。

 

日本の研究でも、仙骨部や臀部に鍼をすることで卵巣や子宮の血流を改善し、着床率が上がった事が証明されています。

 

鍼灸治療の目的は大きく分けて3つあります。

  1. 全身状態をよくする
  2. 栄養状態の良い卵を育てる
  3. 着床しやすい子宮環境を整える

 

@ 全身状態を良くする

妊娠を目的に来院させる方は、ご自身では特に体調が悪いわけではないのに「ただ出来ない(妊娠しない)だけ」という方が少なからず来院されます。体調は悪くない。血液検査も問題ない。卵管造影,ヒューナーテストも問題ない。性交渉もちゃんととれている。では、いったいどこに問題があるのか?

西洋医学ではこれらに異常がないとなると、ピックアップ障害や受精・着床障害などが考えられ、最終的に体外受精を選択することになります。

東洋医学では、細かな問診に加え、脈診で脈の強弱や速さ、腹診によるお腹の張りの強弱、圧痛、皮膚な感じなどから身体の状態を観察します。

すると、下腹部辺りに強い圧痛や軟弱な部分があったり、胃の自覚症状はないのに、強い圧痛があったりと自分では気がつかない症状を私たちが身体を診るとわかることがあります。

ストレスも軽いうちは症状もありませんが、慢性的なストレスになると胃腸や身体の不調を呈し、不妊の原因となるとも考えられています。

ストレス症状の軽減

ストレスによる緊張状態が続くと交感神経が優位となり、血流が悪くなります。鍼灸によるストレスの緩和作用やリラックス効果は数々研究により証明されています。

また、自律神経の乱れも原因の一つとして考えられます。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、拮抗した作用をします。それぞれバランスがとれていれば良いのですが、どちらか一方が過緊張という状態になると身体に不調か起こります。

不妊に関係する状態では交感神経過緊張状態になると、子宮・卵巣の血管が収縮して血流量が減少してしまいます。そこで鍼灸により、このストレスによる過緊張状態を緩和し血流の改善に努めます。

ホルモンバランスの改善

鍼灸では、選択的にホルモンの分泌をコントロールすることは出来ません。

ただし、これも自律神経によってコントロールされているため、この自律神経を安定させる事により、正常なホルモン分泌を促す事は可能と考えられます。実際、鍼灸治療を始めて、月経不順が改善される方が多数みえます。

血流の改善

鍼灸治療は、鍼で皮膚を刺激することによって、神経を介して目的の内臓に影響を与えることができます。

卵巣や子宮も同じく、仙骨部や臀部、それぞれに効果を与えることが出来るツボに鍼灸をすることによって、骨盤内の神経を刺激し、卵巣や子宮の血流を改善されることが実証されています。

 

A 栄養状態の良い卵を育てる事

毎回排卵される卵は、原始卵胞(0.03o)から150日かけて一次卵胞(0.1〜0.3o)にそこからまた120日かけて二次卵胞(0.2〜0.4o)に、そこから約3ヶ月かけてグラーフ卵胞(20o)と呼ばれる大きさとなり排卵されます。

卵はこの後半の3ヶ月間だけ外からの影響をうけるため、理想的には最低3ヶ月前から鍼灸治療を始めることによって、卵巣動脈の血流を良くし栄養・ホルモンをしっかりと卵巣に届け、質の良い卵を育てる事ができます。

サプリや漢方、生活改善にも言えることですが、いずれも身体に対して効果を期待するのであれば、最低でも3ヶ月は必要です。

 

B 着床しやすい子宮環境を整えること

受精卵が着床するには内膜の厚みがしっかりとし子宮内膜の環境を整えることで着床し易い状態にすることを目的としています。

子宮内膜は月経周期内で、増殖と脱落を繰り返し毎月リセットされます。その月経周期をコントロールしているのが、視床下部−卵巣からのホルモンです。

鍼灸では、ホルモンの分泌を調節している自律神経に働きかけることにより月経周期を安定させ、なおかつ卵巣−子宮の血流を良くすることで、子宮内膜厚くし受精卵が着床し易い状態にします。

 

妊活・不妊治療に際して

所要時間

初診では、予診票を記入していただきそれをもとに、今までの治療経緯(検査内容・結果や治療内容)や月経の状態・生活環境を詳しくうかがいながら治療をすすめて行きます。

初診は問診から治療時間を含めて約2時間程度お時間をいただきます。通常診療は、1時間程度となります

 

通院ペース

治療間隔は、治療の状況や年齢によっても異なりますが、
◎タイミング・人工授精
1週間に1回
◎体外受精
採卵の場合は、4〜5日に1回(2週間に3回)
移植の場合は、1週間に1回
最低でも1週間に1回のペースで通院が必要となります。

 

お持ちいただくもの

今までのクリニックでの血液検査や、他の検査結果など。ご主人の精液結果。

※無ければ必要ありません。

 

服装

当院にて着替えをご用意しております。

 

このような方がご来院されています

・20才代後半〜45才(平均38才)

・現在、通院はしていないが不妊治療を始めようか検討中の方

・一般産婦人科で治療の方、タイミング・人工授精

・不妊医療専門病院に通院の方、タイミング・人工授精・体外受精

・二人目不妊

鍼灸治療はどの段階からでも可能です。

 

【クリニックで診断されている病名】

・黄体機能不全

・低AMH

・子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

・卵管閉塞・狭窄

・子宮筋腫

・多膿疱性卵胞症候群(PCOS)

・早発卵巣機能不全(POI)

・原因不明

※これらはあくまで診断のついた病名であり、子供が出来にくい原因となるかもしれませんが、不妊の原因ではありません。

 

【不妊専門クリニック・病院】

浜松市

アクトタワークリニック

西村ウイメンズクリニック

磐田市

西垣ARTクリニック(磐田市)

静岡市

俵IVFクリニック

静岡レディースクリニック

浜松市(総合病院)

浜松医科大学付属病院産科婦人科 不妊部門

聖隷浜松病院 リプロダクションセンター