不妊専門鍼灸(はりきゅう)院 女性不妊 男性不妊 二人目不妊 浜松 磐田 袋井 掛川

妊活を始めるなら 浜松の不妊専門の鍼灸(はりきゅう)院

不妊(妊活)鍼灸

みぞぐち鍼灸院では、女性の月経トラブルを始め、いわゆるホルモンバランスの乱れからくる女性特有のお悩みの改善を行っております。

中でも不妊治療に特化し、不妊治療に対してのより深い知識と豊富な経験をもとに、少しでも早く妊娠できるようにお手伝いさせていただきます。

これから妊活を始められる方

現在治療中の方

いつからでも治療は可能です。

また、現在通われている病院での治療や,治療のすすめ方,病院では聞けなかった事,治療の内容に関することなど、正確な情報をわかりやすく説明しながら治療をさせていただきます。

 

 

不妊とは?

産婦人科学会では、平成27年から不妊の定義を「夫婦生活を2年間営んでの妊娠しない場合を不妊」としていましたが、晩婚化・晩産化などの社会背景により「夫婦生活を1年間営んでも妊娠しない場合を不妊」としました。しかし、不妊という病名はなく、様々な疾患が原因となって一定期間妊娠出来ない状態を『不妊』としてます。

ただ、この期間というのは妊娠を望まれる年齢によっても違ってきます。産婦人科学会が発表しているデータでも35才を超えると妊娠出来る確率は徐々低くなり、40才と過ぎると急激に下がってきます。

 

34才までは1年間ご自身たちで頑張ってみても妊娠する可能性はあります。

35才を過ぎたら半年ほどタイミングを試してみて、できないようであればすぐに専門のクリニックの受診をお勧めします。

40才を過ぎている場合は、すぐに専門クリニックを受診することをお勧めします。

 

 

 

 

ninshinritsu
                            日本産婦人科学会 ARTデータ より

 

原因があればその疾患に対しての治療を施せば妊娠につながる可能性もあるのですが、中には原因が分からない方が多く見えることも事実です。ストレスや自律神経の不調によってホルモンバランスが崩れていることも考えられます。ただはっきりしていることは、加齢は妊娠に大きく影響するということです。男女ともに35才を過ぎると受精能力は低下してきますので、早めに対処した方が治療の選択肢も広がり、精神的、肉体的、経済的にも負担が少なくてすみます。

 

不妊・妊活の鍼灸治療は、いつからはじめたらいいのか?

女性の場合、卵巣の中に卵の元となる原始卵胞を生まれたときから持っており、その卵が成長して卵子として排卵されるまで約1年かかります。

その間、卵は栄養を受け徐々に大きくなり栄養を蓄え、中でも特に急成長するのが排卵までの約3ヶ月間です。

一方子宮では、毎周期内膜が剥がれて月経となり、また卵を受け入れるために内膜が厚くなり、着床がないとそのまま月経を迎えます。

正常の月経周期は人により差がありますが25〜38日ほどです。

 

そこで鍼灸では、

 

タイミング・人工授精の場合

妊活をはじめたばかりで自分たちでのタイミング、クリニックに通い始めたばかり、この場合鍼灸治療を始めるのをいつからでも問題ありません
ご夫婦とも身体的に問題が無いとした場合、結果が出るまでに2〜3周期ほどかかります

 

体外受精まで進まれた場合

“採卵” と “移植” が月経周期と関係なく分かれていますので、それぞれの目的に合わせた治療

卵を育てる“育卵鍼灸”と、着床を促す “着床鍼灸” を行っていきます。

 

採卵の場合は、理想は3ヶ月前から始めること。

これは鍼灸に限らず、サプリ・漢方・生活習慣の見直しも同じで、効果が現れるにはある程度時間がかかります。

鍼灸では卵巣周囲の血流をよくして育卵を目指すため、3ヶ月を必要とします

 

移植の場合は、
ホルモン調整周期と自然周期で多少違いはありますが、移植する周期の前の周期から始めること。
ホルモン調整周期では、月経周期をホルモンを補充して子宮内環境を整えるため、移植の前周期の排卵辺りから開始
自然周期では、ほぼ自分本来のホルモンによって調整されるため、月によってバラツキが出てきます。
それを移植の前周期の月経がきてから始めることによって、卵の成長、内膜の成長、内膜の脱落のサイクルをスムーズにし、移植に向けて子宮内環境を整える事が目的となります。

このような方がご来院されています

・20才代後半〜45才(平均38才)

・現在、通院はしていないが不妊治療を始めようか検討中の方

・一般産婦人科で治療の方、タイミング・人工授精

・不妊医療専門病院に通院の方、タイミング・人工授精・体外受精

・二人目不妊

鍼灸治療はどの段階からでも可能です。

 

【クリニックで診断されている病名】

・黄体機能不全

・低AMH

・子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

・卵管閉塞・狭窄

・子宮筋腫

・多膿疱性卵胞症候群(PCOS)

・早発卵巣機能不全(POI)

・原因不明

※これらはあくまで診断のついた病名であり、子供が出来にくい原因となるかもしれませんが、不妊の原因ではありません。

 

【通院クリニック・病院】