妊活・不妊治療 女性不妊 男性不妊 二人目不妊 浜松のみぞぐち鍼灸院 磐田 袋井 掛川

みぞぐち鍼灸院の 『妊活・不妊ブログ』

みぞぐち鍼灸院の 『妊活・不妊ブログ』記事一覧

2021.10.06不妊治療というと女性が主体となってしまうため、産婦人科もしくは生殖専門医での治療となります。しかし、男性不妊は泌尿器科の範疇に含まれるために、産婦人科や生殖専門医でも男性不妊を謳ってないクリニックでは、軽んじられる傾向があります。精子の質は見た目だけではわかりません。精液所見が悪い場合(特に精索静脈瘤)では、精子のDNA断片(壊れている)率が高いことも分かっています。>射精でき...

2021.06.12タイミングには・個人で排卵日を予測し性交渉を持つ方法・クリニックで卵胞を計測しながら排卵日を特定し性交渉を持つ方法があります。個人でタイミングをとる場合は、基礎体温表、おりもの(頸管粘液)排卵検査薬などで予測する方法があります。◎基礎体温非常に不安定で、寝る時間・気温・体調・夜中の覚醒などでも変化してしまうため、基礎体温だけで判断するのは非常に難しいです。計測値に誤差がでないよ...

2021.05.29鍼灸の効果は、卵巣の血流を良くするとともに、子宮においても血流を良くします。厳密に言うと、子宮を栄養している血管を広げる作用があります。子宮への血管が拡がることで、内膜を厚くし、着床しやすい環境に整える着床後、赤ちゃんを栄養する胎盤を育てる子宮の血流をを良くすることは、着床の前でも後でも、とても重要な事だと分かると思います。では、鍼灸ではどのようにして子宮の血流を良くするか?脚...

2021.05.22鍼灸治療の効果には、卵巣の血流をよくする作用があります。卵巣は卵を育てる場所であり、卵の成長や子宮の内膜を厚くするホルモンを分泌する場所でもあります。この卵巣の中には,、卵の元となる原始卵胞という状態から、排卵を控えた卵(グラーフ卵胞)まで、各段階の卵が毎回の排卵の出番を待っています。卵巣から卵が排卵される大きさになるまでには約180日かかります。この間卵は栄養を蓄えながら成長...

2021.05.15当院では、不妊やこれから妊娠を望む方に特化した鍼灸治療を行っています。では、不妊鍼灸は一般的な鍼灸治療と何が違うのか?不妊といっても原因は様々で、原因すらわからない場合が多く、クリニックでも検査をしたからといって原因を特定することは困難なことです。そのような状態で鍼灸は何ができるのか?当然鍼灸は魔法ではありませんし、これをすれば必ず妊娠できるという方法もありません。しかし、体を...

2021.05.08妊活を始めてすぐに鍼灸を受診される方は、ほとんどいないのではしょうか?まずは自分たちでタイミングをとり、なかなか出来ないとクリニックに行くか、ここで鍼灸を検討される方が多いようです。では、鍼灸はいつから始めればいいのか?自分達でタイミングをとっている場合には、どこに原因があるかわからない状態ですので、思い立ったらすぐに始めるのがいいでしょう。一方、体外受精に進む場合は計画的に始...

2021.05.01結婚して夫婦生活もちゃんととれているのになかなか妊娠しない。通常健康な若いカップルであれば、排卵のタイミングでキッチリ合わせ夫婦生活をとると、一度で妊娠できる確率は約20%、1年で90%以上のカップルが妊娠できる計算になります。もちろん年齢によって違ってきますが、さすがに半年できないと不安になってきますよね。そんな時、皆さんはどこを受診されるでしょうか?普通に考えて、妊娠と言え...

トップへ戻る