頭痛 肩こり 腰痛 痛みの鍼灸(はりきゅう)治療 浜松 磐田 袋井 掛川

【頭痛 肩こり 腰痛】痛みの治療は浜松のみぞぐち鍼灸院

みぞぐち鍼灸院の鍼灸治療

鍼灸

当院の鍼灸治療は、状態別に2つのコースに分かれます、

 

部分治療 肩こり・腰痛・寝違え・腱鞘炎・テニス肘 などの部分的は痛み

 

全身治療胃腸の不調などの内科的疾患、自律神経症状、更年期障害など全身の不調に対する治療。また 肩こり+腰痛 など、痛みの場所が複数ある場合。

 

その時に状態やご希望に沿った治療をさせていただきます。

 

例えば、

 

  • 「肩もこっているけど、今日は腰が痛いから何とかしてほしい」
  • 「肩と腰のマッサージと、腰だけ鍼をしてほしい」
  • 「特に気になる所はないけれど、体調管理に」

 

など、鍼灸(はり・きゅう)・マッサージで、治療をさせていただきます。

 

※鍼灸では、痛みや全身症状に対して行いますが、ガンや骨折、細菌性の炎症などの治療は適応外となります


鍼灸で効果のみられる症状

腰痛

鍼灸適応の腰痛

  • ・筋肉からくる痛み(筋筋膜性腰痛)
  • ・関節からくる痛み
  • → 椎間関節性腰痛:骨同士をつないでいる関節

    → 仙腸関節性腰痛:骨盤の仙骨と腸骨をつないでいる関節

  • ・ストレスからくる痛み
  • ・心因性腰痛

 

鍼灸適応外の腰痛

・椎間板ヘルニア

・脊椎分離症・すべり症

・腰部脊柱管狭窄症

・腰椎圧迫骨折

 

他、ガンの転移や可能性脊椎炎などがあります。

 

※ただし、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症からくる
痛みやシビれに対しては、効果が期待できます。

 

肩こり

鍼灸適応の肩こり

  • 疲労やストレス、産後の育児などによる疲れなどからくる肩こり。
  • 頭痛やめまいをともなう肩こり。
  • パソコンやスマホの使いすぎからくる肩こり。
  • 過去の交通事故やスポーツなど外傷後の肩こり。

 

鍼灸適応外の肩こり

頸椎の異常からくる肩こり、高血圧や内臓からくる肩こりもありますので、問診や症状を確認した上での治療となります。

 

五十肩

中高年以上にみられる原因の分からない肩の痛み。

肩の違和感・痛みの状態であれば、早めの治療で改善することが出来ますが、関節拘縮という関節の固まってしまう状態まで進むと治るまでに時間を要します。

また、急性期の

「夜痛くて眠れない」「手が痺れる」などの症状に対しては、痛みの軽減の有効です。

 

鍼灸適応外の五十肩様の症状

・肩腱板断裂

・肩関節石灰沈着症(肩石灰性腱炎)

 

膝痛

膝痛と言っても原因は様々ですが、スポーツ障害としての痛みや、使いすぎによる痛みに対しては効果があります。

高齢者に多い、膝の軟骨がすり減る 『変形性膝関節症』に対しては、膝自体の変形に対しては対処することは出来ませんが、それに伴う関節の痛みや動きの改善に対しては効果的です。

 

部分的な痛み

腰痛(急性・慢性),五十肩,ひざ痛,頭痛,耳鳴り、めまい,肩こり,腱鞘炎,弾発指(ばね指),テニス肘など痛みのある場所と、そこに関連する場所を治療します。

 

全身的な症状

胃腸障害,更年期障害,自律神経失調症,自己免疫疾患のような全身的な不調に対して行います。

また、予防的な体調管理や、花粉症やアトピーに対する体質改善にも効果的です。

 

※症状によっては、原因となる場所は他にあり、関連的に肩や腰に痛みを出している場合があります。

例えば、心臓や胃が悪くて肩に痛みが出たり、腎臓や膵臓、女性であれば子宮や卵巣に問題があって背中や腰に痛みが出たりします。その場合は専門病院への受診をお勧めします。

 

頭痛鍼灸

日本の4人に1人は “頭痛もち” といわれています。

しかし、その中でも70%の方は病院を受診されずに、市販薬で対処されているのが現状です。

片頭痛は女性の方が多いとされていますが、月経周期にも影響されやすいことも原因です。

定期的に鍼灸治療をすることにより症状が軽減し、頭痛で寝込むようなつらい思いから解放されます。

 

YNSA(山元式新頭鍼療法)

痛みやしびれ、脳卒中による片麻痺やパーキンソンなど、今まで難治とされてきた症状やに対して効果がみられます。

また、交通事故後の痛みに対しても効果がみられます。

 

 

 

 

 

トップへ戻る