交通事故のむち打ち 痛みは 浜松のみぞぐち鍼灸院

交通事故のむち打ち 痛みは 浜松のみぞぐち鍼灸院

交通事故にあったら

交通事故

人身事故の場合には医師の診断書が必要となりますので、事故の大小にかかわらず、まずは病院での検査をおすすめします。 しかし、検査を受けたからといって、その後の治療もその病院で受けなければいけないということではありません。 患者さんご自身が希望される治療院で、自分に合った治療を受けることができるます。 ただし、骨折や手術を行った場合、病院で入院治療後、ご自分の通院しやすい方法を選んでいただくことになります。

 

また、みぞぐち鍼灸院では、

妊娠中の方の治療も行っております。

妊娠中ですと、電気などの治療制限があるため一部のクリニックでは対応出来ない場合がございます。その様なときは、マッサージ・温熱・鍼灸により対応させていただきますので、安心してお越し下さい。
ただし、かかりつけの産科さんの許可をいただいた上での治療となります。

 

治療のすすめ方

事故直後から治療は可能です。

最初の対処や治療により、症状が強くなったり長期化したりすることがありますので、適切な指示を仰ぐことが大切です。事故後2〜3週間は安静が必要となります。首の痛みが強く動かすのもつらいという方には、頚椎固定カラーをする場合があります。痛みの強さにもよりますが、2,3日〜1週間程度装着していただきます。

1週間以上の頚椎カラーの使用は、首の筋肉が衰えて、治癒を長引かせる恐れがあるのでお勧めできません。

 

治療方法

事故をしてからの日数、痛みに強さにもよりますが、電気治療と温熱療法、手技療法(マッサージ)を行います。
痛みの強い症状であれば、損傷した筋肉の修復を早める治療、事故のショックで緊張した筋肉を緩めるための電気による治療を行います。症状の改善にともない、局所を温めたり、マッサージ、ストレッチなどの運動療法を行っていきます。
また、みぞぐち鍼灸院は鍼灸治療を得意としてますので、局所的な鍼灸による治療を併用していきます。

治療内容

当院では、他の接骨院や整骨院または病院などとは違った、鍼灸院の特色を生かした専門の治療を行っております

事故の場合は一般的なケガと違い、レントゲンなどの検査では痛みの原因を特定することは難しいことです。治療法に関しても、痛み止めや湿布・電気治療だけではなかなか良くなりませんし、状態が把握できないまま骨の矯正などしてはリスクがともないます。

そこで、当院では、従来の電気治療とマッサージに加え、初期の強い痛みに対し、微弱電流という特殊な電気を使い、損傷部に対し治療をおこなって行きます。

 

また、急性期や慢性期の筋肉の痛みに対し、鍼治療を行います。筋肉の張りや痛みを取るには、鍼は非常に効果的です。

 

※鍼治療は、必ずやらなければならないものではありませんので、患者様の了解を得て、使用させていただきます。また、鍼灸治療は部分治療につき無料で受けていただけます。

 

事故というのは、肉体的にも精神的にも非常に強いストレスを与えます。たとえ事故による痛みが良くなって きたとしても、精神的な影響が及ぼす、肩こり・腰痛・頭痛となって症状を残す場合があります。

当院ではこのような方々のために、身体とともに精神的なケアもできるように万全を尽くします。

妊娠中に交通事故に遭われた方

妊婦

妊娠時は、電気治療や牽引、痛み止めや湿布などの使用が制限されます。そうなると治療の施しようがありません。

しかし、鍼灸やマッサージでは、副作用もなく安心して受けていただくことが出来ます。

よく、接骨院・整骨院でも妊婦さんを診れないと言われるところがあるようですが、妊婦さんの身体をよく知っていれば、やってはいけないこと、気をつける姿勢など知っていれば心配はいりません。

また、当院では、受診された整形外科の先生と、かかりつけの産科さんと連携を取りながら治療させていただきます。保険会社の方や、担当の先生のご理解がいただけないようであれば、こちらから直接お話をさせていただきますので、安心してお越しください。

 

主な施術内容は、マッサージと、鍼灸。もし鍼灸が苦手な場合は、全く痛みを感じないシールタイプのハリがありますので、あなたに合わせた治療をご提案させていただきます。