不妊鍼灸 頭痛 YNSA 浜松のみぞぐち鍼灸接骨院

交通事故対処マニュアル

交通事故対処マニュアル

交通事故01

突然の事故、こんな時どうしていいのか迷ってしまいますよね。
ここでは、被害者としての、事故から治療にかかるまでの流れを説明していきます。

 

1.交通事故に遭ったら、まず負傷者の救護し安全を確保する。
負傷の状態を確認し、安全な場所に移動し救急車を呼ぶ。
また、意識がない場合や頭部に負傷を負ってたりする場合は無理に動かさずに安全を確保して救急車の到着を待つ。
ただし、心拍停止などの場合には心臓マッサージや人工呼吸などの対処をする必要があります。

 

 

2.交通事故にあったら、警察に電話する

警察に電話をする。後日警察に行き「交通事故証明書」を発行してもらいます。この証明書がないと、自賠責保険の適用となりません。

 

3.自分の加入している保険会社へ電話する

保険会社に連絡する前に、状況的に余裕がある場合は、事故現場の証拠を保存することも大切です。
どちらの過失割合が高いか・・・など、後にもめる原因にもなるからです。事故当事者としても現場の状況を克明に記憶しておくという事は、状況を客観的に分析するという点で平静を取り戻すという効果もあります。後で何かあるか分かりません。その場で示談するようなことは決してしないようにしましょう。
 ※自分が加害者である場合は、保険契約上、保険会社への通知義務があります。

 

交通事故03

4.加害者と加害車両の確認

加害者(相手)の、
 ・名前
 ・住所
 ・連絡先
 ・車のナンバープレート
 ・相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)などを、確認しておきます。
その後、携帯で事故現場を写真に撮るなどして証拠をできるだけ残すようにしておくといいでしょう。
たとえ相手が誠実そうに見えても、時間の経過と共に、話の内容が変わることはよくあることです。

 

5.外傷や痛みがなくても必ず病院を受診しましょう

必ず病院に行って医師の診断を受けておいて下さい。 救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと、治療費などの支払いが受けられなくなります。 事故直後は興奮状態とうこともあり、その日は何も症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。
たとえ軽微な事故であっても必ず当日か2〜3日以内に病院を受診し、今の状態を詳しく医師に伝え、レントゲンなどの検査をしてもらって下さい。
手足のしびれなどは、後々まで残る場合もありますので、後遺症の認定を受ける際にその時の医師の診断書が 必要となってきます。必ず病院に受診して下さい。 事故から 遅くても一週間以内 に診断を受けないと認められない場合があります。

また、物損事故で終わらせた後、数時間後もしくは何日か経ってから痛みを感じてきた…など、異変に気づいた場合は病院に行って診断書をもらいます。 その後、所轄の警察署に行って、「事故証明書」の種別を、「人身事故」に切り替えてもらうように申し出て下さ い。
この手続きをしないと相手の保険会社へ治療費等の請求をする場合に支障が生じてきます。
※修理費や治療費などの領収書や診断書は保管し、事故証明書と一緒にそろえておいて下さい。示談の時に必要になってきます。

 

 

6.保険会社にどこで治療するかを告げる

ムチウチ

治療は、事故の直後(当日)から受けることができます。病院での検査後は、どこの病院・接骨院で治療を受けるかは、本人の自由です。
ただし、病院と接骨院とでは、治療内容が異なります。
病院ではレントゲンで骨に異常がなければ、これといった治療法はありません。痛み止めなどの薬や湿布を処方してくれますが、治療としては、電気・牽引・温熱療法(ホットパック)など行いながら、経過を観察となります。。
それに対し、接骨院ではレントゲンを撮ることや薬を処方する事はできません。しかし、治療に関しては、電気や温熱療法に加えマッサージを行います。その人の状態や変化を把握しながら治療内容を変更・継続して行きます。
実際のところ、むち打ちというのは症状がはっきりしないことが多く、カラダを触らなければ患者さんのつらさを理解することはできません。ここで大切なのは、自分の意志(希望)をはっきり伝えることです。“どこの病院・治療院で治療するのか・気になる症状があるのか,ないのか” 相手の保険会社のいわれるままにしていると、しっかり治っていないのに示談を勧められて治療が終わってしまった、なんて話もよく聞きます。一度示談してしまいますと、後から何を言っても聞いてもらえません。ですから自分が納得できるまで治療することです。

 

7.治療

・受診する接骨院に「交通事故に遭った事を伝え治療をしたい」と連絡を入れる。
・加害者側(相手)の保険会社に、治療する接骨院を報告。
・その保険会社から直接治療院に連絡が行き、治療を始める手続きがされます。

 

みぞぐち鍼灸接骨院が勧める病院のかかりかたは

@事故の直後は、病院で精密検査(レントゲンなど)をしてもらう。
A治療は、自分の通いやすい接骨院で行う。
B病院は定期的に(1週間に1回)受診し経過を報告する。 痛みの強い場合は、注射や痛み止めの処方だけでも可能です。症状が良くなってきた場合は必要ありません。

 

お問い合わせ先

TEL. 053-435-7882

info@mizoguchi-shinkyu.com

みぞぐち鍼灸接骨院 までどうぞ。