不妊鍼灸 頭痛 YNSA 浜松のみぞぐち鍼灸接骨院

交通事故でみられる症状

交通事故でみられる症状

むち打ち症 とは

主に、自動車事故での追突・衝突・急停車などによって、首が鞭(むち)のようにしなるために「むち打ち」と言われていますが、実際はヘッドレストがあるため後方にしなるような事はなく、ヘッドレストに打ち付けた際、頚部に剪断力がかかるためと考えられています。
ただ、「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。多くの方は次のような傷病名に診断され,様々な症状がみられます。

 

頚椎捻挫型

頚椎の周りの筋肉や靱帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、むち打ち症全体の70〜80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。

 

神経根損傷型

頚椎の並びにゆがみができると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みの他、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

 

頚部交感神経刺激症状型(バレ・リュー症候群)

頚椎に沿ってはしっている頚椎動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

 

頚髄損傷型(中心性脊髄損傷型を含む)

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常がおこり、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害が生じて、便や尿が出にくくなるケースもあります。

 

脳髄液減少症

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根に最も強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。脳脊髄圧減少症の症状は極めて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。またこれらの症状にはある特徴がみられ、天候い左右されることです。ことに気圧の変化に応じて、症状が変化します。

 

事故によるその他の症状

交通事故は、ぶつかった瞬間というのはあまり覚えていないものです。特に不意に追突された場合は全くの無防備なため、衝撃に対して構えることができません。そのためむち打ちだけでなく、ハンドルやドアへの衝突での打撲や擦り傷、シートベルトによる圧迫による胸の痛みや肩の痛み、頚同様に腰や股間節にも痛みがでます。また、ぶつかる瞬間が分かったとしても、衝撃に耐えようとカラダに力が入るため、筋肉痛様の痛みを訴えることがあります。
事故直後は、ショックによる緊張で痛みを感じなくても、時間とともに痛い場所が出てくるのが一般的ですので、病院でおかしいと感じるところは、しっかりと検査してもらった方が良いでしょう。