不妊 頭痛 痛みのはり治療 YNSA 浜松のみぞぐち鍼灸接骨院

不妊治療をより効果的に!【スーパーライザー】

低反応レベルレーザー治癒(LLLT)

スーパーライザー

当院では、多くの不妊クリニックで利用されている 低反応レベルレーザー治療(Low Level Laser Therapy)と鍼灸を併用しています

 

一般に“低反応レベルレーザー”“直線偏光近赤外線”と呼ばれ メーカーによりいくつか種類はありますが、当院では “スーパーライザー” を使用しております。

 

「スーパーライザー」は、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm〜1.6μm)を、高出力でスポット状に照射する光線治療器です。

水は1.6μm以下の可視光線および近赤外線を吸収しにくく、血液(ヘモグロビン)は0.6μm以上の可視光線の赤と赤外線を吸収しにくい。

そのためこのスーパーライザーは体の奥まで光を届ける事ができます

 

その効果は多岐に渡り、ペインクリニックをはじめ大学病院や各科で認められ、さまざまな医療現場で幅広く利用されています。

 

直線偏光近赤外線とは

 

直線偏光 : 光源からのランダムな光を直線に変える

近赤外線 :体の深部まで届く光

 

→ 光をまとめて、体の奥まで届ける事が出来る。

 

不妊治療への応用として

星状神経節近傍照射

・頚にある星状神経節に照射することで交感神経の興奮を抑制し、リラックス状態にさせる。

→ 卵巣の血流を良くする

・末梢血での特定の免疫細胞の活性を軽減させる。

→ 着床しやすくする

腹部照射

・卵巣血流の増加

→ 良好卵や採卵数の増加

・子宮動脈血流の増加

→ 子宮内膜が厚くなり着床しやすくなる

 

日本レーザーリプロダクション学会で『女性不妊症へのLLLT(低反応レベルレーザー治療)の影響』として、以下の事項の説明がありました。

 

・過激なアレルギー反応を抑えることで受精卵が着床しやすくなる

・子宮や卵巣の血流の改善による受精卵着床の改善

・.ホルモンバランスの改善

・皮膚・子宮の粘膜の若返り

・筋肉の柔軟性の増加

・.疼痛・肩こり・腰痛・生理痛等々の疼痛緩和

・.生理不順の改善

・30〜40%増の脳血流量

・血液やリンパ流の改善

・血管が新生する

・神経の賦活化

・卵管周囲の瘢痕の縮小軟化による絨毛運動の改善

・.抗アレルギー反応による受精卵の易着床と難流産

・.ミトコンドリアの増加による易妊孕性

・受精卵の均等分割

・(ART+LLLT)による妊娠率の上昇

 

その他の作用として

 

・血流改善

・血流増加

・神経伝達抑制

・抗炎症

・創傷治癒促進

・筋弛緩

・自律神経安定化作用

などが報告されています。

 


トップへ戻る