不妊鍼灸 頭痛 YNSA 浜松のみぞぐち鍼灸院

逆子治療

逆子治療

逆子の鍼灸治療は、日本でも近代発達した治療法でり、鍼灸の効果に対する論文も多数発表され、逆子に対する鍼灸の効果が認められています。

 

全日本鍼灸学会-『お灸で骨盤位(逆子)が治る』

 

通常、妊娠28週を過ぎた頃に産婦人科でのエコー検査で『骨盤位』だと逆子と診断されます。

28週以前に診断された場合は自然に戻る事が多いのですが、週数を重ねるごとに戻りにくくなります。

鍼灸治療でも28週〜33週までは戻る確率は高いのですが、35週にもなると非常に難しくなってきます。

 

逆子のツボにお灸をすると、下半身全体の血液循環がよくなることによってお腹がやわらかくなり、お腹の中の赤ちゃんが返りやすくなります。 また、赤ちゃんが動く空間も確保されるので、出産時にお母さんがいきみやすくなり安産にもつながります。

逆子になる理由には、子宮筋腫,子宮の奇形,胎盤の位置,狭い骨盤,母体の浅い呼吸,下腹部の冷えなどがありますが、実際のところ原因はよくわかっていません。

しかし、お母さんがストレスを感じていたり、出産に対する不安感を抱いたままでいると血行が悪くなってお腹も硬くなり、足の冷えなどが出てきやすいようです。

 

お母さんと赤ちゃんは、カラダだけでなく心もつながっています。あまり考えすぎないことも治療のひとつです。

 

※無効な例
子宮の奇形・多胎妊娠・前置胎盤・過短臍帯・臍帯巻らく・羊水量の減少などが基本にある場合。

治療をはじめる時期

28週〜33週まで(お腹の赤ちゃんが動きやすく元に戻る確率が高いです)。それ以降でも治療可能ですが、治る確率は低くなります。逆子と診断されたら、できるだけ早く治療を始めた方がいいでしょう。

治療内容

逆子に効果のあるツボにお灸や鍼を施します。

棒灸

足のくるぶしの上、指3本分の所にある

『三陰交』 というツボに

“棒灸” というお灸を使って温めます。

逆子の灸

足の小趾にある

『至陰』 というツボにお灸をします。

 

また、自宅で簡単なお灸をしてもらうための指導をさせていただきます。

通院ペースは、1週間に1〜2回。

早い方で1回(32〜33週)、戻る場合は5回(35週)までに結果が出ることが多いです。