不妊 頭痛 痛みのはり治療 YNSAは浜松のみぞぐち鍼灸接骨院

鍼灸治療で効果のみられる症状

筋筋膜性腰痛

腰痛

原因

腰への過度な運動や無理な負担により、筋肉の緊張や筋膜の動きが悪くなることによって起こる腰痛。

仕事での長時間の無理な体勢や、スポーツでの使いすぎが原因となります。一般的な腰痛の8割はこの腰痛で、いわゆるぎっくり腰もこの腰痛であることがほとんどです。

骨や関節には異常がないためレントゲンでも確認出来ません。

症状

急性の場合は、ぎっくり腰などは動くと痛みますが、安静にしていれば痛みは治まります。

慢性の場合は、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢でいると痛みがジワジワと出てきます。

対処

急性の場合は、痛みが強ければしばらく安静にし、ある程度動けるようであれば日常動作程度は動いた方が良いでしょう。

入浴は、入れるようであれば入っても差し支えありません。

2〜3日経ち痛みが落ち着いたら、温めとストレッチなどを行って下さい。

慢性の場合は、温めやストレッチなどを日常的行い、筋肉に疲労をためないように予防して下さい。

治療

急性の場合は、鍼灸治療。慢性であれば、鍼灸治療やマッサージ、低周波治療が効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニア、

 

腰椎の間にある椎間板から髄核が飛び出して神経を圧迫し、腰、臀部、下肢後面の疼痛(坐骨神経痛)や足先にしびれ感などが出現する。腰部への過度な負荷が原因だと考えられるが、レントゲンよりMRIが有用である。
腰椎分離症

 

発育期において、腰に大きな負荷のかかるスポーツ選手に多くみられる。腰椎後方の椎弓が分離(疲労骨折)しており、分離部の異常可動によって疼痛が発生する。体幹を後屈すると腰痛が増強しやすい。レントゲンやCTで鑑別できる。

 

静は筋力や柔軟性の低下につながるため、強い疼痛が軽減したらすみやかにストレッチングを行います。そのため、腰痛に対する十分な理解と、ストレッチングなど日常での管理が必要です。また、消炎鎮痛内服剤、湿布などの外用剤の使用や、温熱ホットパック(特に慢性期)、物理療法(電気治療、低周波、干渉波)、超音波、低出力レーザー(写真1)、鍼、マッサージ、カイロプラクティックなど、さまざまな治療がありますので、症状や病状に応じて治療法の選択も変化します。腰痛用ベルトには、腰椎や骨盤に過大な動的負担が加わらないように安定させる目的がありますので、スポーツ選手にも有用です(写

 

椎間関節性腰痛

 

原因

椎間関節とは、背骨を上下につなぐ左右一対の関節で、椎間関節の周囲は関節包と呼ばれる袋によって覆われています.この関節に何らかの負担がかかり、痛みを引き起こします。
椎間関節は腰を反らす動きと、腰を捻る動きによって関節面が圧迫され軟骨や関節包に強い力がかかり、炎症を起こして神経を刺激して痛みを発生します。
急性椎間関節症はぎっくり腰の一つで、急に重い物を持ち上げたり、身体をひねったりしたときに起こります。

症状

大まかな椎間関節性腰痛の特徴は,腰の反らしと捻りによる痛みです.炎症が強い場合神経を刺激し、お尻や大腿部に痛みが及ぶことがあります。

対処

安瀬にしているときや、動いたときにお尻や大腿部にまで痛みが出るときは炎症が考えられます。2〜3日入浴を控え、出来れば安静にしていることをオススメします。どうしても動かなくてはいけないときは、コルセットを使用すると良いでしょう。

治療

急性の場合は、鍼灸で対応します。炎症がある場合は2〜3日は痛み続きますが、鍼灸の鎮痛効果で痛みは軽減されます。
慢性の場合は、鍼灸やマッサージ、低周波通電治療が効果的です。