妊活・不妊治療 女性不妊 男性不妊 二人目不妊 浜松のみぞぐち鍼灸院 磐田 袋井 掛川

妊活・不妊鍼灸 いつから始めるか?

不妊・妊活鍼灸 いつから始めるか?

2021.05.08

不妊鍼灸

妊活を始めてすぐに鍼灸を受診される方は、ほとんどいないのではしょうか?

まずは自分たちでタイミングをとり、なかなか出来ないとクリニックに行くか、ここで鍼灸を検討される方が多いようです。

 

では、鍼灸はいつから始めればいいのか?

 

自分達でタイミングをとっている場合には、どこに原因があるかわからない状態ですので、思い立ったらすぐに始めるのがいいでしょう。

一方、体外受精に進む場合は計画的に始める事をお勧めします。

 

まず採卵の場合は、

最低でも3ヶ月前から始めるのが理想的です

これは、卵の成長に関係していて、卵巣に蓄えられている卵は3ヶ月前から急成長し、生理がきて排卵までは最終段階に入ります。

その間卵巣周囲の血流環境を整える事で、卵の質を良くできると考えているからです。

 

また、移植の場合

自然周期で戻す場合は、移植する前の周期の生理がはじまってから

ホルモン調整周期では、移植する前の周期の排卵後から

最低でもこのぐらいから始めるた方が良いでしょう。

 

※各々の治療院により、治療方法や考え方の相違はあります。

 

 

不妊・妊活鍼灸治療

 

全身状態の改善

良好胚の獲得(育卵)

着床しやすい子宮環境作り

ホルモンや自律神経のバランスを整える。

子宮や卵巣の血流を良くし、妊娠に適した状態にすること。

 

これらを目的としているため、整えるにはどうしても時間がかかってしまいます。

ですので、今周期採卵なので… 移植なので… と来院される方も見えますが、直ぐに結果には繋がりにくいです。

 

鍼灸はどの段階からでも治療はできます

ただ、年齢を重ねるほどクリアしなければいけない課題が増えるし、時間も必要になるという事は知っておいて下さい。

できるだけ早く妊活を始めた方が、身体的にも金銭的にも負担が少なくなるのではないでしょうか。