【不妊鍼灸 頭痛 痛みの治療】浜松のみぞぐち鍼灸院

治療例:タイミング法

治療例:タイミング法

01.ステップダウンしてタイミングを決意:32才,低AMH(0.8),夫性交障害

不妊歴5年,不妊治療歴4年,会社員

採卵5回、移植3回、3回目の移植で陽性反応でるも5週で流産。3回目の採卵での胚盤胞(グレード不良)を2個残し、当院へ来院。

受診より3ヶ月後の採卵で良好胚(4AA、3AA)を得たが1回目移植にて陽性反応でるも流産。

以後3回移植したが着床せず。再度採卵し胚盤胞一個をトータル8回目の移植するも陰性となったためステップダウンを決意。

当院では、治療にハイチャージを加えて継続。クリニックで卵胞チェックのみしてもらいタイミングを行うが、ご主人の体調と合わないときもあり、タイミングをとれないときもあり、出来ても夫婦生活は1回のみという条件の中、半年後に妊娠。12週まで通院され卒業。